介護老人保健施設「鶴見せいわ園」

施設入所

空室状況  令和3年9月1日時点
空室状況
個室 1人 男性4人居室 3人 女性4人居室 4人


介護老人保健施設 鶴見せいわ園

介護を必要とされる高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すために、医師による医学的管理の下、看護・介護のケアや理学療法士等によるリハビリテーション、食事・入浴などの日常サービスを提供する施設です。
当施設ではご入所いただいている方へ理学療法士・作業療法士・言語聴覚士によるリハビリが可能となっております。施設での生活リハビリを通してご自宅への復帰をご支援致します。



特別養護老人ホームとの違い

入所期間について介護保険上の期限はありませんが、一生涯、生活できる所ではなく、あくまでも在宅復帰を目的とした中間施設として位置づけられています。



対象者

介護保険の被保険者で要介護1 ~ 5 の認定を受けられた方で、病状が安定していて入院治療の必要がない方が対象となります。



定員

100名(多床室:88床、個室12床)

但し、100 名の中に短期入所利用者を含みます。


お申込~入所決定までの流れ
1.
電話等での相談
直接、当施設の支援相談員( 電話 06-4257-1250 )にご相談ください。
2.
必要書類の提出
利用申込書、診断書、看護・介護サマリー
3.
面談の実施
4.
施設利用判定会議の開催
5.
判定会議結果が可であれば、入所まで待機となります


サービス内容
施設サービス計画の作成
健康管理(施設医師が必要に応じ診察)
機能訓練
食事
入浴
介護(排泄・整容等)
介護相談
その他


フロア案内
1F フロアマップ
1F フロアマップ
1F フロアマップ
1F フロアマップ


一日の流れ
一日の流れ
時刻 日課
6:00 起床
更衣・整容等
8:00 朝食・服薬・口腔ケア
入浴(週2回)
リハビリ
12:00 昼食・服薬・口腔ケア
レクリエーション、行事
入浴(週2回)
リハビリ
15:00 おやつ
自由時間
18:00 夕食・服薬・口腔ケア
更衣・整容等
21:00 消灯

施設医師が健康管理を実施(必要に応じ診察)



所定疾患施設療養費算定状況

平成24 年4 月の介護報酬改定により、介護老人保健施設において、入所者の医療ニーズに適切に対応する観点から、所定の疾患を発症した場合における施設での医療について評価されることになりました。
厚生労働大臣が定める基準に基づき、所定疾患施設療養費の算定状況を公表します。



所定疾患施設療養費とは・・・

条件
1.
対象の入所者は次のいずれかに該当する者であること。
肺炎の者 ・尿路感染症の者・帯状疱疹の者・蜂窩織炎の者
入所者に対し、投薬、検査、注射、処置等を行ったときに算定する。
同一の入所者について1月に1回、連続する10日を限度として算定する。
緊急時施設療養費を算定した日は算定しない。
2.
診断名、診断を行った日、実施した投薬、検査、注射、処置の内容等を診療録に記載しておくこと。
3.
請求に際して、診断、行った検査、治療内容等を記載すること。
2.
当該加算の算定開始後は、治療の実施状況について公表することとする。
公表に当たっては、介護サービス情報の公表制度を活用する等により、毎年度の当該加算の算定状況を報告すること。

治療内容

肺炎

血液検査・血中酸素濃度の測定・抗生剤の内服・抗生剤の点滴注射、水分補給、喀痰吸引など診察結果をもとに適宜必要な治療を行っています。

尿路感染症

血液検査、尿検査、血中酸素濃度の測定、抗生剤の内服、抗生剤の点滴注射、水分補給など診察結果をもとに適宜必要な治療を行っています。


算定状況
算定状況
平成30年 平成31年 令和2年 処置内容
尿路感染
(所定疾患療養費Ⅰ)
人数 8 5 尿検査・抗生剤の投与
(点滴・内服)
治療日数 59 27
尿路感染
(所定疾患療養費Ⅱ)
人数 8 10 28 尿検査・抗生剤の投与
(点滴・内服)
所定疾患
治療日数 61 50 128
肺炎
(所定疾患療養費Ⅱ)
人数 1 抗生剤の投与
治療日数 7
帯状疱疹 人数 抗ウィルス剤の点滴注射
治療日数


ご利用料金について

※下記の料金は、介護保険負担割合が1割負担の金額です。


基本的な利用料金表
基本的な利用料金表
介護保険
利用者負担額
(日額)
介護保険
自己負担額
(月額)
食費 居住費 日用品費+
教養娯楽費
月額合計


要介護1 942円 28,237円 月額
49,500円

(日額)
1,650円
月額
16,500円

(日額)
550円
月額
12,000円

日用品
(日額)
250円

教養娯楽費
(日額)
150円
106,237円
要介護2 1,021円 30,617円 108,617円
要介護3 1,090円 32,675円 110,675円
要介護4 1,150円 34,476円 112,476円
要介護5 1,209円 36,245円 114,245円

要介護1 856円 25,664円 月額
65,400円

(日額)
2,180円
152,564円
要介護2 933円 27,980円 154,880円
要介護3 1,000円 29,974円 156,874円
要介護4 1,060円 31,774円 158,674円
要介護5 1,121円 33,608円 160,508円
1ヶ月を30日として計算しています。
介護保険利用者負担額には、施設サービス費のほか、サービス提供体制強化加算(Ⅱ)、夜勤職員配置加算が含まれています。
◇サービス提供体制加算(Ⅱ)につきましては、職員配置状況によりサービス提供体制加算(Ⅰ)に変更となる場合があり、利用負担額が変動することがあります。
介護保険利用者負担額は金額換算時の端数処理により差異が生じます。


減額について

「食費」及び「居住費」については、負担限度額認定証を受けている場合には、以下の表が一日の金額となります。


減額について
  居室 介護保険
自己負担額
(月額)※
食費 居住費

1








生活保護受給者
老齢福祉年金
受給者境界層
多床室 15,000円 300円 0円
個室

2

年金+所得
<80万円/年
境界層
(個人・世帯)
多床室 15,000円 390円 370円
個室 490円

3

年金+所得
>80万円/年
境界層
(個人・世帯)
多床室 24,600円 650円 370円
個室 1,310円

4

市民税課税世帯 多床室 44,400円 施設基本
料金
施設基本
料金
個室

※介護保険負担割合(1割~3割)対象となります



加算について

入所直後には、初期加算及び短期集中リハビリテーション加算、また認知症がありリハビリの効果があると判断される方の場合、認知症短期集中リハビリテーション加算を算定させて頂きます。
また、ご利用者様のサービス内容に応じて、療養食加算、口腔衛生管理体制加算等を算定させて頂くことがありますので、詳しくは担当者までお問合せ下さい。
また、介護職員の賃金改善等として、介護職員処遇改善加算(Ⅰ)ならびに特定処遇改善(Ⅰ)を算定させて頂きます。


生活困難な入所者様を対象とした第二種社会福祉事業(利用料の減免相談)を行っています。
〒538-0053 大阪府大阪市鶴見区鶴見1-6-111
TEL:06-4257-1250 FAX:06-4257-1260
担当:支援相談員 林・田中・森


ダウンロード可能な書類
診断書 (ダウンロード)
申込書 (ダウンロード)